バンコク賃貸物件の【選び方】これからロングステイをご検討されている方向け




今回は【バンコクでの賃貸物件の選び方】を記事にしてみました。

私は50過ぎて早期退職し、タイでのロングステイを開始しましたが、今回は私と同年代で、これからタイにてロングステイ開始をご検討されている方を意識した内容にしてみました。

なお前記事では、【バンコク格安賃貸コンドの探し方】を記事にしています。

・前回記事
>>【バンコク】格安賃貸コンドの探し方

前記事【いい物件の探し方】でのポイント:
1.住みたいエリアの目星をつけ、ネットで相場観を養う。
2.ネットで空き物件情報があれば、直接現地コンドへ出向き、管理事務所で空き物件の確認をする。

今回は【選び方】です。

私の物件選定条件

ロングステイ開始後、これまでバンコクでは3軒ほど賃貸物件にお世話になりましたが、私の物件選定条件は以下でした。

1.日本人のあまり多くないところ。
折角海外でロングステイするのに、わざわざ日本人の多い地域に住みたくない。

**日本人の多いスクンビット界隈は割高が正直なところです(^-^;)

2.近くにジョギング出来る公園・環境がある事。
気晴らし程度にジョギングしているので。

・関連記事
>>【タイで旅ランはいかかでしょうか】

3.賃料
根拠はないのですが漠然と15,000バーツ/月以下。

タイでの節約生活が板についてしまった、今となっては15,000は多すぎるようにも感じますが、5年前のロングステイ開始当時はそんなイメージでいました。

仮に賃料15,000バーツ/月で円換算すると50,000円強。

コンドですと大抵そこそこのプールとジムが付いているのがタイの特徴です。

タイでロングステイを始めた理由は別記事にしますが、コスパのいい賃貸物件が多くある点もその理由の一つでした。

これまでにお世話になった賃貸物件

以下は、これまで私がバンコクでお世話になった賃貸物件です。

それぞれ上記選定基準比を簡単にまとめてみました。

1.Abstract Phoholyothin

・昨年延伸開通したBTSハーイェクラットプラオ駅から徒歩3分程度。延伸開通前の当時は徒歩10分程のMRTパホンヨーティン駅が最寄りでした。

・ジョギング好きなので、ウィークエンドマーケットで有名なチャトゥチャック公園まで徒歩圏が決め手でした。

・日本人居住者は皆無ではありませんでしたが、ほとんど見かけませんでした。

同コンドレビュー記事

2.Baan Sathon

・BTS サパーンタークシン駅が最寄り。Abstract界隈は新興住宅地のイメージでしたが、こちらは下町情緒で一杯。この街の雰囲気が決め手でした。

・周回500m程の小さな公園がコンドに隣接しており、これも決め手の一つとなりました。

・こちらも日本人居住者は皆無ではありませんでしたが、ほとんど見かけませんでした。

同コンドレビュー記事

チャオプラヤ川沿いのコンドでした

3.Cholada Suvannabhumi

・エアポートリンクのラッカバーン駅が最寄り(タクシーで10分程)

・こちらはコンドでなく一軒家でした。1000軒程ある大規模住宅地で、敷地内はゴルフ場を彷彿させられる環境。ジョギングにも最適で、この環境が決め手でした。

・こちらも日本人居住者は皆無ではありませんでしたが、ほとんど見かけませんでした。

同物件レビュー記事

公園のような村内

改めてまとめてみると、ジョギングが出来る環境が私にとって最重要項目であったようです。

次回選定条件に加えたいポイント

以下これまでの経験を踏まえた上で、次回賃貸物件を選ぶ際に加えたいポイントを

特にこれからバンコクでロングステイ開始を検討されている方向けにピックアップしてみました。

駅の近く

比較的すごし易い乾季でも、日中はかなり暑いです。

市内は慢性的に渋滞している所も多く、暑い日中のみならず、なにかと出不精になりがち。

これは、特に上記一軒家3.Cholladaaに住んでいた折、感じました。

タクシーや、使い方がわかれば便利なバスもいいのですが、やはり渋滞知らずの電車BTS/MRTが何かと便利です。

部屋の大きさ・間取り

これまでの3軒中、一番狭かったのは1.Abstractの40m2(1LDK)でしたが、部屋の大きさ、狭さはそれ程気になりませんでした。

部屋の大きさ・間取りを今回ポイントにあげたのは、今年7月にパタヤで利用したコンドで民泊してからです。

・関連記事
>>【パタヤで初民泊】The Base Condo Central

パタヤBase condoの室内

民泊で利用した部屋は、広さ30m2で間取り1LDKの設計で、少し窮屈に感じました。

30m2でスタジオタイプ(日本でいうワンルーム)であれば、問題ないような気もしますが、この手の間取りのコンドは、特に築浅の物件で多く見られます。

ですので今回『部屋の大きさ・間取り』を項目に入れてみました。

食堂・飲食店

最近はGrab他宅配サービスが充実。

また人が集まるコンビニ前他には大抵屋台等が出ていますが、近場に手頃な飲食店も項目として加えておきます。

コンビニ・スーパー

1.Abstract, 2. Baan satornは目と鼻の先にスーパーがありましたが、3.Cholladaaは最寄りのコンビニまで1km強。

出来ればコンビニ・スーパーが近くにを条件に加えたいとCholladaa在住時に感じました。

特にスーパーにはフードコートが入っている店舗も多く、なにかと重宝します。

先ずは「民泊」でお試しがおすすめです

バンコクでの賃貸契約は通常1年が条件となります。

1年は短いようで、やはり長く、後悔は避けたいところです。

特に、これからバンコクでロングステイをとお考えの方には、お試しで民泊をおすすめします。

・関連記事 :
>>【バンコク】短期契約可能な賃貸コンド物件情報

上記記事にては、民泊サイトAirbnbを紹介していますが、コンドの短期貸し物件が多く掲載されています。

実際にコンドでの生活のみならず、街の雰囲気も体験できてしまいます。

気に入れば、そのまま長期契約も可能な物件もあるでしょうし、その近くで賃貸物件を探すというのもアリかと思います。

まとめ

今回【選び方】としてリストアップした項目は、どれも当然と言えば当然の項目ばかりです。

予算が潤沢にあればいいのですが、そうでない場合は、どこかで折り合いを付ける必要ありますので、その折の参考にして頂ければと思います。

またタイで民泊の存在を知ったのは、つい最近ですが、これからタイ、バンコクでロングステイをとご検討されている方に、特におすすめです。

以上今回はバンコクでの賃貸物件の選び方を記事にしてみました。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

 

・以下多く読んで頂いている記事です!

>>【タイ語】 初心者向けおすすめの教材と勉強法 
タイ語習得は発音が全てと言っても過言ではありません。大回りを重ねてしまった管理人の失敗経験を踏まえ、まとめてみました。

>>【3,500円/泊以下】駅近バンコク格安ホテル10選 
実際に宿泊しおすすめと思えるホテルのレビュー記事です。全てBTS/MRT駅近です。

>>【解約しました】オーディブル 解約理由 / 評価 / 返品の仕方
オーディブル=聴く本です。アマゾン経由で無料体験を申し込むと、もれなく本1冊無料で頂けてしまいます。個人的にはタイ語のリスニング本と出合え大満足。語学のみならずあらゆるジャンルが、加えてお色気系まで豊富なラインアップ。2か月間の無料体験レビュー記事です。




 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です